CONCEPT

  • #好奇心がふくらむ

外観完成予想CG

住みはじめてからの「コト」を通じて、293家族の絆をかたく結ぶ!

293家族の舞台となるビッグスケールなテラスだからこそ、
誰もが心地よく暮らすために大切にしたのは、良好でいて永くつづくコミュニティづくり。

そこで導入したのが、独自のコミュニティ・ステップアッププログラム「コトムスビ」。
「声を集める」「コラボする」「支援する」「組み立てる」という4ステップにより、
みんなが参加したくなる「コト」を生み、居住者同士の絆や団結力を自然とかたく結びます。

01 Voice

みんなの声を集めて反映!!

マンションでの理想の過ごし方を実現するためにWEBアンケートを実施!
アンケートの上位の「過ごし方」や「イベント」を実際に採用し、中庭を中心にマンションの敷地内をしっかりと作り込みました。
みなさまの参加意識が向上する、コミュニティ形成しやすい空間づくりです。

02 Collab

たくさんの企業とコラボ!!

多彩な空間を用意するだけでなく、各分野のプロフェッショナルである企業や団体とコラボし、ここで起きる出来事を本格化。
グランピングや天体観測などマンションの敷地内とは
思えないような体験を通じて、様々な感動を発見できます。

コラボ企業担当者が「ディスカバテラス」への想いを語る!

03 Community

入居後のコミュニティサポート!!

入居後、当初2年間は事業主側でイベントプログラムをご用意し、
スムーズなコミュニティ形成を支援。
また、より深い絆づくりをサポートするのは、入居者専用アプリ。
SNS機能付きで、メッセージ交換や、写真のシェアなどに活用できます。

住民同士で組み立てる!!

3年目以降は入居者専用アプリを使い、住人同士での意見交換やイベントの人気投票を行い、住人主体でオリジナルの、イベントカレンダーを組み立てます。
全体イベントを開催したり、各種講座をサークル化したりと、自分たちでカスタマイズしながら、コミュニティをより深めていきます。(有償)

自然と絆が深まるよう支援する「コトムスビ」のいいところ。
それは、コミュニティとしての楽しさだけではありません。
それは有事など、いざという時の、自然な団結や助け合いに。
やがて、マンション資産価値向上につながればと考えます。

好奇心いっぱいに、
新しい自分と家族を
「発見」しよう。

コミュニティという花が自然に咲いていく「ディスカバテラス」での暮らし。
様々なイベントや本格的な出来事だけでなく、
自分にとっての初挑戦や家族にとっての初体験がきっとたくさんあります。
293家族というみんなとの暮らしだからできる出来事を通じて、好奇心をふくらませて、
ぜひ、新しい家族の一面を「発見」してください。子どもの新しい夢が見つかるかもしれません。

なぜ「ディスカバテラス」はコミュニティ形成に注目したか。

東日本大震災以降に行った「マンション内での交流に関するアンケート」で、 82%の方が「マンション居住者同士の交流は必要」と回答。 また、理由としては「防犯・防災力の向上につながる」といった回答が多くなっています。 また、国土交通省の調査によるとマンションコミュニティが良好なほど、 管理の質が向上すると報告されています。また、高齢者の配慮や子どもの見守りなどの 防犯・防災対策も活発になるとされています。我々デベロッパーはコミュニティが、 防犯・防災、管理の質の向上などマンションの資産価値につながると考え、 コミュニティ中心のマンションづくりに取り組みました。

【出典】株式会社つなぐネットコミュニケーションズ/マンション・ラボ「マンション内での交流に関するアンケート」
実施期間:2012年1月25日・有効回答数:1,004件 ◎国土交通省 国土交通政策研究所 調査(2010年5月)による。