close

マンションギャラリーを楽しもう!

close

専用アプリ

EQUIPMENT

キッチン

いつも安心して過ごせるよう、幾重にもご用意したセキュリティ設備の数々。

SECURITY

オートロックシステム

オートロックシステム

風除室にはオートロックを設置しました。鍵によって解錠するか、各住戸内の入居者が解錠しなければエントランス内に侵入できないシステムです。

24時間オンラインセキュリティ

24時間オンラインセキュリティ

オートロックや防犯カメラの設置といったセキュリティを導入。今では一般的となった防犯システムはもちろん、日々進化を続けている先進のセキュリティシステムにも対応し、常に最も適切なものを取り入れるようにしています。

アイガード

アイガード

外からの覗き見を防止するために、ドアスコープにカバーを設けて防犯性を高めています。

面格子

面格子

窓を割って侵入できないように、外部廊下に接する居室の窓には面格子等を設けています。

※一部仕様が異なります。
防犯カメラ

防犯カメラ
(レンタル※エレベーター内は除く

敷地内の要所に防犯カメラを設置。録画した映像は管理室で一定期間保管し、犯罪の抑止効果を発揮します。

防犯センサー

防犯センサー

センサー作動中に窓が開けられるとインターホンから警報音を発し、警備会社に自動通報します。

※一部住戸の窓に設置
鎌デッドボルト

鎌デッドボルト

鎌状にせり出すデッドボルトがドア枠のストライク部とかみ合い、バールなどによるこじ開けに対して強い抵抗力を発揮します。

ディンプルシリンダーキー参考イラスト

ディンプルシリンダーキー

玄関ドアは、約5兆5千億通りもの鍵違い数を実現し複製が困難でピッキング対策に有効なシリンダーキーを採用しました。

防犯サムターン

防犯サムターン

工具をドアの内側に差し込み不正解錠しての侵入に対応。内側から操作しないと開けられないスイッチ式サムターンを採用しました。

ダブルロック

ダブルロック

シリンダーを玄関扉の上下2ヶ所に設置することで、防犯性を向上させるダブルロックを採用しました。

万一の有事の際を想定し、安心できる設備をしっかりと準備。

DISASTER PREVENTION

防災倉庫参考写真

防災倉庫

いざというときに対する備えとして、災害時に役立つ非常用飲料設備を防災倉庫に保管しています。

※内容は予定であり、変更になる場合があります。
非常用マンホールトイレ参考写真

非常用マンホールトイレ

下水道に直結させる非常用のトイレで、災害による断水で住戸のトイレが使えないという悩みを解消されます。

※マンホールがいっぱいになると使用できなくなります。
かまどスツール

かまどスツール

平常時はベンチとして利用。災害時には収納されたかまどを取り出して、炊き出しかまどとして使用できます。

非常用飲料水生成システム「WELL UP」参考写真

非常用飲料水生成システム
「WELL UP」

万一の際に非常水槽から取水し、スピーディーにろ過して飲料水を供給します。また、発電機で運転するため、電気の供給が途絶えても運転が可能です。

※WELL UPによる非常用飲料水の使用は災害時に限るものとします。
武蔵野台地という強固な地盤の上に、堅牢な建物構造を。

STRUCTURE

武蔵野台地

計画地は武蔵野台地と呼ばれる台地面に位置しています。標高は約80m以上。地層構成としては、関東ローム層、武蔵野礫層などが確認されました。地盤は比較的安定しており、液状化の危険性は低いと考えられます。

既成杭

既成杭

「ファインシティ武蔵野富士見」の基礎は工場での品質管理のもと製造された既成杭による杭基礎で建物の重量を支えています。これを地盤調査に基づいて、堅固な指示地盤に伝えています。国土交通大臣認定工法を採用しており、万一の地震にも安心です。

※付属建物を除く。
外壁・戸境壁

外壁・戸境壁

建物外壁のコンクリート厚は、約150㎜〜約200㎜(廊下・バルコニー面除く)を確保。建物の強度・遮音性を高めるために戸境壁は約180㎜で、隣戸の生活音に配慮。

※一部除く。
二重天井

二重天井

電気配線をコンクリートに埋め込んでいない二重構造の天井としメンテナンス性に配慮しています。石膏ボードにビニールクロス仕上げなので押しピンなどが楽に留められます。

※一部除く。
対震フレキシブルジョイント

対震フレキシブルジョイント

建物の揺れに対して配管の破損を防ぐため、建物間のエキスパンションジョイント(つなぎ目)に、配管の破損を防ぐ可とう継手(フレキシブルジョイント)を採用しました。

※給水管を除く。
水セメント比/鉄筋のかぶり厚さ

水セメント比/鉄筋のかぶり厚さ

コンクリートは構成材料の調合によって性質が変化します。中でも、セメントに対する水の重量比(水セメント比)は、コンクリートが乾燥収縮することによるひび割れや、中性化・耐震性に大きく影響するため、建物の耐久性に配慮して、水セメント比を50%以下に抑え、劣化の軽減を図っています。

※杭・別棟・外構塀などを除く。
対震枠

対震枠

対震枠は防水性能や耐風性能を満たした上で、ドア本体とドア枠の間に適切なクリアランスを設けています。大地震によってドア枠が変形しても、このクリアランスにより、ドア本体への変形を防ぎ開閉不良を生じにくくしています。

コンクリート強度

コンクリート強度

コンクリートの強度はプロジェクトによってさまざまですが、「ファインシティ武蔵野富士見」の住棟には、設計基準強度Fc=30N/m㎡以上のコンクリートを採用しています。※30N/m㎡の設計基準強度のコンクリートとは、単位面積(1㎡)あたり約3,000t(トン)の圧縮に耐える強さのコンクリートを意味します。

※別棟、外構塀等、一部除く。
ダブル配筋

ダブル配筋

シングル配筋よりも強度と耐久性の高い、鉄筋を二重に組んだダブル配筋で住戸間の壁や外壁※を構成しています。

※一部除く。
住宅性能表示制度

住宅性能表示制度

国土交通大臣が指定する第三者評価機関が、「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」に基づいて住宅の品質を具体的な等級や数値等で表示する「住宅性能表示制度」を導入しています。